「革命的ネーミング講座」

「革命的ネーミング講座」

特別化ブランディング3部作の第1弾。
日本一のネーミング・コンサルタントが書いた、「市場を創る」ためのネーミングノウハウ。

「革命的ネーミング講座」
http://makikomi.jp/name/?page_id=599

優れたネーミングは、それだけで市場を創り、顧客を創り、商品を創ります。
自分にネーミングをつけるのは、かなり難しいもの。
本書を読んで「コツ」をつかみましょう。

【ブランディング3部作】
まとめて買うと14,940円が9,800円!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/icnpmx42kmrwgsiofoxslalpti/n2mfyfgcbi.html

[販売期間]2016/07/26 ~ 2017/07/24

¥4,980税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 セルフ・ブランディングをするのなら、まず真っ先に「自分のネーミング」を決めるべきです。

あなたが提供する商品やサービスの特色や、
「それを使ったら、どんなメリットがあるのか」
などのビジョン、コンセプト、世界観までを、

ズバリ一言で表現する「ネーミング」。

これが、あるとないとでは、雲泥の差どころじゃありません。

言ってみれば、ネーミングとは、新たにビジネスに乗り出すあなたにとっては、「パスポート」みたいなもの。

ネーミングも持たずにビジネスをやる、ということは、
パスポートも持ってないのに、海外旅行に行こうとするようなものです。

ネーミングのない人は、単なる「その他大勢」の、業者さんと同じ。

でも、あなたの提供する価値を「ズバリ」一言で伝え、
相手が「それって何ですか?」と思わず聞いちゃうほどのインパクトがあり、
説明を聞いた瞬間「なるほど、面白い!」と目の色を変えて、
思わず、他の人にも「こんな人がいるよ!」言いふらしてしまう。

これが、ネーミングの効果です。

あなたには、そんなネーミングがありますか?

本書では、まずは「常識」として知っておいていただきたい、
ネーミングの効用、メリット、活用法などの「一般論」も、一応は書きました。

それだけではなく、実際にネーミング「たった一つ」だけで、
人生が大きく変わった人の「成功事例」もたくさん書きました。

そして、そんなネーミングが、あなたにもつけられるように。
自分の持っている材料を、洗いざらい書き出すための「100の質問シート」。

さらに空欄を埋めるだけで、この世でたった一つのオリジナル・ネーミングが完成する
「革命的ネーミング・フォーマット」も収録しました。

単なる一般論、コピペノウハウではなく、
第一線で活躍中のネーミング・コンサルタントが実際に結果を出しているテクニックを
余すところなく公開した、読み応えのある一冊です。



本書によって、新しいネーミングを手に入れたあなたには、もう「競合」はいません。
あなた一人が、自由に価格を決められる、「ブルー・オーシャン」以上に自由な市場、

「ブルー・プラネット」

が生まれてくるのですから。

ネーミングを制する者は、市場を創る。

そんな強力な武器も持たずに堂々巡りする日々とは、
もうおさらばしませんか?

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

★タイトル:「革命的ネーミング講座」

☆著者:六本木辰也

【目次】

●はじめに

●第1章 「ネーミング」をビジネスにするまで
1…「名前」にとても興味のあった子ども時代
・ネーミングのベースは「落語」
・「異名」でキャラが際だつ
・「襲名」=ブランディング
・「差別化」と「威嚇」効果

2…自ら、初めての「異名」を名乗った大学生時代
・珍しい名前で、得をする
・「芸名」が、人前に立つ勇気をくれた
・「異名」は、パワードスーツ
・「北風小象夫」の誕生

3…他人に「名付け」をしてあげたブログ時代
・ブログで再び「北風小象夫」登場
・「異名」とは、キャラを演じること
・そして「北風一家」が生まれる
・「名付け親」は帝王になれる
・ネーミングから生まれる「ブルー・プラネット」

4…「ネーミング」が仕事になったFacebook時代
・Facebookで「起業」を目指す
・Facebookにも「北風小憎夫」登場
・「異名」のパワーで快進撃
・密室型、劇場型、そして爆発型
・名前がアクセル、名前がブレーキ
・そして「Facebookプロデューサー・六本木辰也」へ

●第2章 いますぐ「名前」を変えなさい
・最も大事な「プロフィール写真」
・ネーミングは「無料」でできる

(1)目立つ、インパクトを与える、憶えやすい
(2)愛称、愛着=愛される
(3)差別化できる、キャラが立つ
(4)ブランドができる
(5)シリーズ展開できる
(6)照れ、迷い、恥ずかしさがなくなる、潜在能力が解放される
(7)なりたい自分になれる

●第3章 Facebook時代のネーミング
・Facebookは「個人」のためのツール

(1)「過去の成功事例」から「未来の可能性」へ
(2)「無難・安全」から「何でもあり」へ
(3)「会議」から「この指とまれ」へ
(4)「万人向け」から「あなただけ」へ
(5)「予算」から「無料」へ
(6)「ニーズに合わせる」から「ニーズを作る」へ

●第4章 「革命的」ネーミング実例集
・商品ではなく「個人」を売る
・あなたは「特別な存在」
・【例1】夢は日本のスティーブ・ジョブス!ホテルを愛する冒険好きな大人が集まる日本最大のコミュニティ「ホテルラバーズ」総帥
(1)有名人勝手に七光りテクニック)
(2)一目瞭然テクニック、対象限定テクニック
(3)肩書き独占テクニック、肩書きブカブカテクニック

・【例2】ミラクルメイクで10若返り! 日本唯一のタイムスリップ・メイキャッパー、アンチエイジング化粧家
(4)新語で日本一テクニック

・【例3】日本初のFacebook自治体! 北海道北見市の複合型焼き肉コミュニティ「北見ニクマチ」
・地域活性化は「市民」発
・北見市は「日本一の、焼き肉のまち」
・「北見ニクマチ」とは?
・「よそ者」から見た異世界

●第5章 あなたのネーミングを考えよう!
・あなたの人生の「棚卸し」

●ネーミングのための質問集

●自己紹介フォーマット

(1)夢は( やりたいこと、なりたいもの)!
(2)日本一の( 場所)から
(3)日本一の( あなた)が
(4)日本中の( 対象)のために
(5)日本一の( 商品・サービス)をお届け!
(6)名づけて( 商品名、プロジェクト名)!

●ネーミングの普及方法

●「ノート」で自己紹介を発信

●ネーミング・コミュニティ「革命ネミングス」

●あとがき

※2012年6月発売
※巻末にコンサルティング料金などが載っていますが、
すでに改定されています。ご了承ください。

【ご注意】

●本書は「電子書籍(PDFファイル)」です。書店では買えません。

●PDFファイルが開けるパソコン、ipad、スマホなどで読めます。