"世界中で愛用されているウインターブーツの代名詞"

1908年、カナダのオンタリオ州、ウィリアム・H・カウフマン社より誕生した「SOREL」。
当時のカナダでは、「耐久性と快適性の両立」をキーワードにしたウインターブーツの開発は、まだ進んでおらず、極寒地で暮らす人々に「SOREL」のリリースは大きな衝撃を与えました。

そして1960年初期、「SOREL」は世界に先駆けて、レザーアッパーにラバーボトム、着脱可能なフェルトライニングという革新的なコンビネーションのウインターブーツをリリースしました。 それは「どんな極寒地であっても暖かく、ドライで快適なウインターブーツを具現化したい」という強い思いが、形になった瞬間でもありました。 このコンストラクションは、40年以上経った現在でも、ウインターブーツのスタンダードの原型として広く世界で受け継がれています。

現在では、ウインターユースに信頼性の高いクラシックモデルやスノートラベルに対応するライトウエイトなモデル、スノーシューイングなどのスノーアクティビティに対応するハイスペックなモデルなど、「SOREL」はあらゆる寒冷な状況において足元を暖かく快適なコンディションに演出します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4