Penfield ペンフィールド
ペンフィールドの歴史は1975年に遡り、マサチューセッツ州のボストンで誕生しました。
先駆者であるHarvey Grossはダウンに特化したペンフィールドスポーツウェア社を立ち上げ、Pの文字の中に木彫りの熊を入れたロゴをブランドマークにしました。そのロゴはダウンジャケットの暖かさと心地よさをイメージしています。
現在、ペンフィールドは、北米、カナダ、ヨーロッパ、及び日本を初めとするアジア諸国等、全世界に市場を拡大しています。
独自のプロダクトはもちろん、様々なブランドとのコラボレーションにより、素晴らしい商品や新しいコミュニケーションが次々と生まれ、ペンフィールドは更なる進化を続けています。