Dr.Martens:ドクターマーチン
第二次世界大戦中にドイツ軍に属していた医師クラウス・マーチンは1945年の休暇中に、アルプス山脈でスキーをしている最中に足首に怪我を負う。その怪我を期に柔らかい革と空気を充満させた靴底を用いた現在のドクターマーチンのベースとなるブーツを設計。

1960年4月1日、最初の8アイレットブーツが生産ラインに乗ります。ドクターマーチンの代表的なモデルとなる1460の誕生です。
「1460」と云う商品コードは、このブーツが1960年4月1日に世に出た事にちなみつけられました。

以降、数十年にわたり様々な時代に様々な解釈で、ジャンルを超え、反骨精神の象徴としてその地位を築いたドクターマーチンはあらゆるミュージシャンの足元を飾り、世界中の若者達を魅了していきます。
エアクッションソールの開発者であるクラウス・マーチン、R・グリッグス ファミリー、これまでに存在したあらゆる若者、サブカルチャー、ユースカルチャー。
異なった思想、ライフスタイルを持つ、全く異なって見える彼らの一つの共有分母。「人とは違うことがしたい。人とは違う様に見られたい。」ということ。 この後もこのようなパーソナリティを持った人々によって(自由で、クリエイティビティな人々により)歴史は紡いで行かれます。


Dr.Martens(ドクターマーチン)

10件中 110件目