小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳

小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳

大学生・大学院生の小論文の書き方、社会人のレポートをいかに読み易く、説得力があるように仕上げるかのマニュアル。パラグラフ・ライティングとアウトラインなど、小論文の構造の作り方を中心に解説しています。

ゼミやグループで論文の書き方の練習を行うことを想定に、巻末には練習問題が付いています。

¥972税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 大学生・大学院生の小論文の書き方、社会人のレポートをいかに読み易く、説得力があるように仕上げるかのマニュアル。パラグラフ・ライティングとアウトラインなど、小論文の構造の作り方を中心に解説しています。

ゼミやグループで論文の書き方の練習を行うことを想定に、巻末には練習問題が付いています。

代金の支払いはクレジットカードかYahoo!マネーです。なお、価格に日本国内での送料が含まれます。日本国内への配送は原則としてポストへの投函となります。一度に多くの部数をご注文される場合には、宅配便となります。小論文の書き方のFACEBOOKページはこちら

目次
本書の目的
本書の使い方
1. 論文・レポートの文章構造
1.1 日本の作文と論文の違い
1.2 論文上達のコツは構造作り
1.3 論文の構造を支える二つの要素
2. 論文の大構造
2.1 論文の基本構造は三つの部分からなる
2.1.1 序論
2.1.2 本論
2.1.3 結論
2.2 論文・レポートに起承転結はダメ
3. 論文の小構造・パラグラフ
3.1 パラグラフが命
3.2 パラグラフの実例
4. パラグラフの中の構造とセンテンス
4.1 トピック・センテンス
4.2 セカンド・センテンス
4.3 サポーティング・センテンス
4.4 コンクルーディング・センテンス
5. アウトライン
5.1 パラグラフの繋がりを作るのはアウトライン
5.2 パラグラフが繋がらない例
5.3 パラグラフを繋ぐ言葉
5.4 接続語をうまく使う
6. レポートを良くするためのその他の注意
6.1 読書感想文のような記述をしない
6.2 意見、仮説と知見の区別
6.3 引用を根拠にしない
6.4 資料が不足するレポート
6.5 文献と資料の調査
6.6 論文での省略形の使い方
6.7 図表のタイトルはわかりやすく
6.8 単位や用語の統一
6.9 注の付け方
6.10 ローカル・ルール
7. 批判的な読み直し
7.1 レポート・小論文の存在意義
7.2 主張の基準の明確さ
7.3 文献やサポート情報
7.4 大構造の確認
7.5 アウトラインの確認
7.6 接続語の確認
7.7 指示代名詞の確認
7.8 省略形や単位などの確認
7.9 図表の確認
8. MSワードのアウトライン・モードの利用
8.1 MSワードの勧め
8.2 MSワードのアウトライン・モードの使い方
8.2.1 アウトライン・レベルの表示変更
8.2.2 アウトライン・レベル(見出しレベル)の上げ下げ
8.2.3 見出しブロックやパラグラフの順序の入れ替え
8.2.4 1行のみ表示機能
8.3 MSワードのアウトライン・モードを使用した執筆のコツ
9. 演習
9.1 パラグラフのまとめ方の演習
9.2 複数パラグラフの演習