お茶の玉林園・・・わたしたちは和歌山で江戸時代の創業より緑茶と共に歩んでいます。

創業安政元年、お茶の玉林園、今ではすっかりグリーンコーナーとグリーンソフトやてんかけラーメンの方が有名です。

トップページのバナーは玉林園本社にある木彫りの大きい看板でかなり古くに作られたものです。 

地元紙ニュース和歌山企画の和歌山遺産に味覚遺産としてグリーンソフトが認定されました。 ふるさと宝物プロジェクト 未来に輝く和歌山遺産

 
世界遺産の高野・熊野、里山保全活動が日本ユネスコ協会連盟のプロジェクト未来遺産に認定された海南市の孟子地区、昨年、国の名勝となった和歌の浦……。私たちが暮らす和歌山は、見渡せばきらっと光る宝物がいっぱいです。ニュース和歌山編集部は魅力あふれる宝箱の中から、7つを独断で「和歌山遺産」に選定しました。地元で長く愛され続けるあの味やあの曲、最近注目を浴び始めたあのスポット、未来に伝えたいあの景色……。それでは第1回和歌山遺産を発表いたします──。


江戸時代中期創業の老舗製茶会社、玉林園(本部・和歌山市出島48-1)が1958年に開発した世界初の抹茶入りソフトクリーム。入れる抹茶は今も石臼で丁寧にひく深いこだわりを持つ。和歌山県内に7店あるグリーンコーナーでは、その場で食べるタイプと持ち帰り用の2種類を販売。持ち帰り用は地元スーパーやコンビニエンスストアにも並び、地域で開かれる夏まつりの露店にも欠かせない。地元に深く浸透する“和歌山の味”。なお、なじみ深いアヒルのキャラクター、名前はグリンちゃんとチャーミーちゃん。 ニュース和歌山トップページURLニュース和歌山 日曜日と平日の不定期に休日となりますのでお問い合わせ等の返信はすぐにお送りできない場合がございます。

 

秘密のケンミンSHOWで放送後大人気注文殺到で生産が追いつかないぐらいです。和歌山 ふるさとの味グリーンコーナー グリーンソフトとてんかけラーメンです。 本社、各店の情報はこちら