日本を始め、世界の航空会社では機内持ち込み手荷物、受託(預ける)手荷物のサイズが設定されており各会社ごと、更にはクラスごとに持込サイズが異なっている場合が多くございます。
旅行をする際に、空港で荷物が重すぎて荷物を広げるなんてことが無いように旅行前までにどのくらいまでのサイズ、重さまでが預けられて、持ち込めるのか等、鞄を買う際にお考えになられてはいかがでしょうか?
 
 

※ご注意※
※上記の規定サイズはキャリーバッグのハンドル・車輪・ポケットなどを含んだ全体サイズが対象となります。商品によっては全体サイズを計測していないものがございますので、ご注意頂きます様お願い致します。
※機内へ持ち込める手荷物は、身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)のほか 上記の条件の手荷物1個となります。
※客室内に収納できない場合にはお預かりの手荷物として貨物室に搭載となる場合があるようですのでご注意下さい。
※上記サイズを超える手荷物(キャリーバッグ、ベビーカー、麻袋など)はお預けください。
キャリーバッグについて
当店のHP上、またはメーカータグ等に「持ち込み可能」の記載があった場合でも機内の収納スペースに限りがあるため規定サイズ内でも持込できない場合、または航空会社より預入れを案内される場合があるようですので予めご了承くださいませ。

 
 

国内線の機内持込可能のバッグについて、2009年12月1日より手荷物に関するルールが変わり、各航空会社より厳格運用されることになりました。
つきましては下記の通りとなりますのでご旅行前によくご確認の上、飛行機に搭乗いただけます様お願い致します。

まず、簡単に下記のポイントが変更となります。

■無料でお預かりする手荷物の重量を15kg→20kgに変更となります。
■超過手荷物料金、特別旅客料金を分かりやすい料金体系に変更となります。
■機内に持ち込める手荷物のサイズが国内航空会社間で統一されます。
■出発保安検査場で手荷物の大きさを確認、各社で規定を超える手荷物は検査が出来なくなる為、規定外のお荷物の持ち込みが出来なくなります。

詳しくは、「国内線機内持込みサイズはこちら」のページにてご確認下さい。

 
 
 

copyright 2005 griptone co..ltd. all rights reserved.