アファンの森とはC.W.ニコル氏が荒廃した日本の森を憂い、再び多くの動植物が暮らせる豊かな森に再生したいとの想いから、1986年より長野県黒姫の幽霊森と呼ばれた森をよみがえらせた森です。

 世界中の自然環境を見てきたC.W.ニコル氏は、何処よりも日本の自然を愛し長野県黒姫に居を構えた1970年代。以降急速に進む原生林の乱開発や里山の荒廃に嘆き悲しんでいました。 ちょうどそのころC.W.ニコル氏の生まれ故郷、英国・ウエールズで石炭の採掘、廃坑により石炭クズの山となっていた森を見事によみがえらせた“アファン森林公園”のことを知り、日本で自ら森をよみがえらせることを決意。 40年以上も放置された森を少しづつ買い取り、勇気をもらった故郷の森に因んで「アファンの森」と名付け、1986年から森の手入れ作業を始めました。

 それから約四半世紀。永遠の森にするために2002年に財団法人化し、現在に至るまで100年先の未来を見据えて森の再生作業は続けられています。 よみがえった森には生態系の頂点であるフクロウを初めとし地域的に絶滅が危惧されている動植物が多数確認され、森の生態系が取り戻されつつあることを生物たちが伝えてくれます。

地球上の生物が食物連鎖によって成り立っているのは自明の理。 森林破壊による影響は、そこに生きる動植物のみならず、 それらを摂取する者、またそれを摂取する者にも及ぶことは必然です。 人間は食物連鎖の頂点に位置し、足元の変化は遠く見えますが、 地盤は着実に揺るぎはじめ、自らの首を絞めることとなるでしょう。

GLEN CHECKでは、レザー製品を多く扱っており、 ある意味で、とても自然に近い、その恩恵に与るショップです。 だからこそ自然を尊ぶ感謝の気持ちは忘れてはならないと考えます。

「その恩は、自然に返すべき」それが私たちの出した答えです。 では、どうすれば自然に恩返しできるのか… そこで出会ったのが、C.W.ニコル・アファンの森財団でした。 確実に緑を取り戻しつつある森の姿に、強く感動しました。 これからも、その行動を全力でサポートしていく所存です。

2013.06 GLEN CHECK


お問合せ先

一般財団法人 C.W.ニコル・アファンの森財団 ( info@afan.or.jp )

■東京オフィス
〒150-0047 東京都渋谷区神山町3-4 iVILLAGE  TEL 03-5465-2928  FAX 03-5465-2939

□アファンセンター(黒姫事務局)
〒389-1316 長野県上水内郡信濃町大井2742-2041  TEL:026-254-8081  FAX:026-254-8082






GLENCHECKチャリティー企画
ラオスに学校を作ろう グリーンプロジェクト

アファンの森

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

Copyright (C) 2005 GLENCHECK LTD. All Rights Reserved.