1. 青山ガーデン > 
  2. ウォーターガーデン

タイトル画像

生き物が暮らす水辺をつくろう。

「ビオトープ」なんて聞くと、ついつい難しく考えてしまいがちですが、実は意外と簡単にできてしまいます。まずは水辺(池)をつくって、わが家で簡単、「ホームビオガーデン」をはじめてみませんか?ビオトープの基本は動植物が集う空間づくり。それはホームビオガーデンでも同じ。水辺ができるとトンボやチョウ、カエルが集まってきます。メダカなどの魚を池に放してもよいでしょう。池に住む虫や魚を目当てに、野鳥たちがやってくる、そんな楽しみがあるかもしれませんよ。
さざ、家族そろって、ホームビオガーデンにチャレンジしましょう。


ビオトープとは?
ビオトープ(Bio Top)は「生き物がいきる場所」という意味のドイツ語です。植物や虫、鳥、魚が育つ環境をつくり、食物連鎖を含め自然の循環をうまく機能させることで、生命のバランスを保ちます。また環境の再生だけでなく、自然の触れ合いを通じ、癒しや子どもの情操教育にも効果があります。自然の強制を考えた水辺「ビオガーデン」をご提案します。

ビオトープ イメージ
ビオトープ イメージ


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7