• 商品画像1
  • 商品画像1
  • 商品画像1

池・ビオトープをつくるアイテムを多数ご用意。ご不明な点はお気軽にご相談ください。

  • プレミアム会員なら13倍

手軽に池を作るための防水シート。

防水 シート 池/プールライナー 1.5m×1.5m/PL-1/ファウンテン/噴水/池/庭池

JANコード/ISBNコード:4975149203871

  • 価格 2,900円(税込)

  • 東京都は 送料864円

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 87ポイント獲得(3倍)

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    プレミアム会員に登録

    最大倍率もらうと15倍

    435ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    435ポイント(15倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    116ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    【期間限定】Yahoo!プレミアム会員はさらに+5倍!
    145ポイント(+5倍)
    詳細を見る
    Yahoo!プレミアム会員限定 ポイントどんッ! とキャンペーン
    87ポイント(+3倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    87ポイント(3倍)

    通常ポイント
    87ポイント(+3倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

数量

カートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

防水 シート 池/プールライナー 1.5m×1.5m/PL-1/ファウンテン/噴水/池/庭池

この商品のレビュー・口コミ

  • tai*****さん
    2016年10月20日 18時44分
    購入しました!
    5.0

    加工しやすいですが頑丈でとても重宝して…

    加工しやすいですが頑丈でとても重宝してます。

お買い物レビュー閲覧の際の注意事項

この商品のレビューをもっと見る

  1. 青山ガーデン > 
  2. ウォーターガーデン > 
  3. ライナーシート > 
  4. 防水 シート 池/プールライナー 1.5m×1.5m/PL-1/ファウンテン/噴水/池/庭池

商品説明

必要なプールライナーの全長の求め方
(岸辺の高さ×2)+(斜面の長さ×2)+池底の長さ

●縦方向、横方向ともに一番長いところを計ります。くぼみの長さもいれます。
●岸辺部分の長さは最低30cm以上とります。
●施工時は水の重みでライナー全体が沈み込む場合があります。
色んな場所に手軽に池を作るための防水シートです。池の形に合わせて自由にシートを
折り曲げたり、カッターなどで切断することができます。

池で飼う魚の大きさの目安は、池の表面積1平方メートルに対し水深1m毎に、
体長25cm程度の魚1匹が適当です。

サイズ:1.5×1.5m、0.5mm厚
重量:1.4kg
色:ブラック
素材:PVC樹脂
ライナーを使ったより詳しい施工方法についてはこちら
注意事項
・寒冷地で使用される場合池が凍る前に水を抜いて下さい。
・気温が- 20°〜50°の範囲でご使用下さい。
・池が完成した直後には魚を入れないで下さい。池の本体がしっくり落ち着き、水温が周囲の気温や環境になじみ、植えた水中植物や土が安定してから魚を入れて下さい。
・池で飼う魚の大きさの目安は、池の表面積1立方メートルに対し水深1m毎に体長25cm程度の魚1匹が目安です。
ライナーシートによる池のつくり方
1.場所を決める
池を作る場所を考えます。
重要なことは適度な日当たりです。
日光は植物の成長を促し、魚の動きを活発にします。
終日、直射日光が当たり続けるような場所は避けて下さい。水の温度が適度にながるくらいの場所を選びます。
2.池の大きさを決める
池の大きさを決め、予め地面に池の形を印して下さい。
ロープなどを使って地面に池の形をつくります。
池の途中に棚をつくりたい場合は簡単なテンプレート(型板)を用意します。
3.穴を掘る
石や木の根など角があるものや先の尖ったものを取り除きます。池の周囲から掘り始め、上の方の棚から順に掘り進めていき最後に中央の一番深いところを掘ります。また、穴を掘る場合は測った大きさよりさらに5cm程度深く掘り、後で砂を入れて表面を平らにするときのために準備しておきます。
4.アンダーライナーを敷く
穴の上端がどこから計っても水平であるようにして下さい。
修正する場合は、低い方を高くするのではなく、高い方を低くするようにしてください。穴の表面を湿った砂で覆い、プールライナーを設置する前にアンダーライナーか麻布、古毛布を敷きます。
5.プールライナーを敷く
プールライナーを穴の上に広げます。穴を中心として平均的に広げて下さい。穴の形にできるだけピッタリと合うようにライナーを沿わせていきます。出来上がったらライナーの端周りを丸い石で押さえておきます。
6.水を入れる
水を入れ始めます。水位が地面より約10cm下の位置まできたら水を入れるのをやめます。

※ライナーシートに埋設用杭を打ち込むと水漏れの原因になりますのでご注意下さい。
7.エッジの処理
岸辺の処理をします。流れをつくったり、岩を配置したりして、周りの環境と溶け込むようにし、最後に水を上まで入れます。ライナーを固定し仕上げます。
8.完成
池のふち周りを石や植物などで美しく飾ります。