芋焼酎の歴史は、1705年サツマイモを前田利右衛門という漁民が持ち帰って広く普及させた事から始まると言われています。
それまでの焼酎の多くは、米や雑穀などで造られていたそうですが、米が当時“年貢”として貴重になりつつあったこと、薩摩の土地の性質が芋の栽培に適していたこと。そして何より生命力が強く、享保の大飢饉の際も、芋が薩摩の農民を飢饉から救ったと言われ、その頃から焼酎も造られるようになりました。
ほんのり甘く、香りが高く、味が単一的でなく、同じ芋でもこんなに違うものかと驚くほどに味がそれぞれ違います。






  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

Copyright(c) Gancho Co.Ltd. All Rights Reserved.