1. 福本園 産地直送便 >
  2. 日本茶 > 
  3. 宇治抹茶

京都宇治抹茶
 


抹茶



京都宇治抹茶

宇治の上質な手摘み一番茶を厳選
しっとりと川霧が漂う宇治川の周辺において、”よしず”と”わら”で覆って育てた京都宇治丸久小山園の手摘み一番茶のみを厳選。

クリーン化工場での石臼で丹念に挽く伝統の技法
クリーン化工場の中で昔と変わらぬ石臼で丹念に挽く伝統の技法が守られており、石臼挽きならではの鮮やかで深い緑の抹茶に仕上げられております。なめらかでとろけるような舌ざわりが特徴です。

無添加・無着色で常に挽きたての新鮮な抹茶
丸久小山園の抹茶は、無添加・無着色の自然の香味そのままで、丁寧に挽き上げられており、まろやかなうまみとコクが持ち味です。
出来る限り挽きたての新鮮な状態でお届けします。

平成20年全国茶品評会農林水産大臣賞受賞
丸久小山園は、これまで幾度も大臣賞を受賞しておりましたが、本年(平成20年)の全国茶品評会でも見事、農林大臣賞を受賞されました。




抹茶


抹茶とは

抹茶とは、日光を避けるために”よしず”と”わら”で覆って育てた新芽を、蒸して揉まずに乾燥させ、葉脈を取り除いて石臼で挽いて粉に仕上げたものです。
石臼で挽く前のお茶を「碾茶(てんちゃ)」といいますが、これが抹茶の原料葉となります。
丸久小山園の宇治抹茶は、上質の碾茶(てんちゃ)だけを厳選して挽き上げておりますので、新鮮で泡立ちが良く、上品でまろやかな味わいがあり、茶葉の自然な甘みが口の中に広がります。

※上質な抹茶ほど、苦味がなく、上品な味わいとなります。

抹茶




濃茶と薄茶

抹茶は、「濃茶」と「薄茶」の二通りの点て方があります。濃茶は、多目の抹茶に少量の湯を注ぎゆっくりと茶筅(ちゃせん)を動かして、練るように点てます。
薄茶は、約2gの抹茶に湯を注ぎ、茶筅を小刻みに振る様に使い、ふんわりと泡を点てます。
抹茶はすべて薄茶として召し上がっていただけますが、濃茶は濃く練って召し上がるため、苦味や渋みの強い下級品は適きしません。
つまり、高級抹茶は濃茶にも薄茶にも使えますが、中級品以下は薄茶専用として使います。
高級抹茶で点てた薄茶は、苦味がなく自然のうま味とふくよかな香りが最高です。

抹茶の写真




ご家庭で手軽においしい抹茶をいただく、簡単な点て方はこちらから
抹茶の簡単な点て方



宇治抹茶

4件中 14件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く