1. 福本園 産地直送便 >
  2. 日本茶 > 
  3. べにふうき緑茶

べにふうき緑茶
 


べにふうき緑茶

近年、「花粉症対策に有効。」と報じられて、メディアで大ヒットとなっている べにふうき緑茶
福本園では、少しでも花粉が飛ぶ季節を快適に過ごしていただければと思い、国産べにふうき100%を微粉末加工にした「べにふうき緑茶」をご用意しました。
べにふうき」とは、1993年に野菜茶業研究所において紅茶用の優良品種として開発されたお茶です。日本では紅茶生産が積極的に行われないために普及が進まなかったのですが、緑茶に加工した際に多く含まれるメチル化カテキンに、抗アレルギー効果のあることが学会等で報告されてから注目されるようになりました。

※茶コンソーシアムが行った臨床試験によると「べにふうき」に含まれているカテキンの1種、エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート(EGCG3”Me)(通称メチル化カテキン)や抗アレルギー成分のストリクチニンは、花粉症アトピーなどのいわゆる「アレルギー症状」に対する改善効果が有る事がわかりました。

※花粉症に効果が高いメチル化カテキンは、べにふうきの中でも、緑茶に加工した場合のみに含まれ、紅茶に加工した場合には含まれておりません。


べにふうき 購入はこちら




花粉症にべにふうき


微粉末タイプなので高濃度メチル化カテキンを

福本園の「べにふうき」は、100%純粋な「べにふうき」で、微粉末加工されていますので、高濃度メチル化カテキン(100g当 2,200mg含有)をまるごと摂取することができます。よって、花粉症対策にも効果絶大です。

※抽出していただくタイプ(ティーパック等)のべにふうきは、捨てられる茶ガラに有効成分が残ってしまいますが、微粉末タイプのべにふうきの場合は、残らず全て、いただけるので非常に効果的なのです。

※当店のべにふうきは、微粉末加工しておりますので、料理に使ったり、ケーキを作る時に混ぜて焼いたり、焼酎のお茶割等にも手軽においしくいただけます。




べにふうき 粉末緑茶


断然お得で効果的な

べにふうき」商品には、「ティーバッグタイプ」と「微粉末タイプ」の二通りの商品が有りますが、「ティーバッグタイプ」は、捨てられる茶ガラ(ティーバッグ)に有効成分がかなり残ってしまいますし、べにふうきの栄養をそのまま取り込むには、「微粉末タイプ」のように、すべてを食べて頂くのが一番効果的です。

べにふうきの効果的な飲み方を考えた場合、メチル化カテキンは、摂取して体内に3〜4時間位とどまり、徐々に無くなってしまいますので、一度に大量に摂取するのではなく、こまめに摂取することが大切です。
そういう点でも、微粉末タイプの「べにふうき」でしたら、簡単にお湯で溶けますし、作るのも飲むのも簡単で、こまめに毎日続けて飲むことが出来ますので、非常に効果的な飲み方と言えるでしょう。

また、他社「ティーバッグタイプ」のべにふうき商品は、1,000円前後の価格帯の場合、10〜15杯しか飲めませんが、福本園の「微粉末タイプ」のべにふうき商品は、1回当りの量がオススメの1g入れて飲む場合にも、スティックタイプで30杯、徳用タイプで40杯頂けます。
※他社微粉末タイプ「べにふうき」の様に1杯当り0.5g入れて飲む場合には、スティックタイプで60杯、徳用タイプで80杯頂けます。

以上の様に「ティーバッグタイプ」より「微粉末タイプ」のべにふうきの方が断然お得で効果的なのです。


べにふうき


べにふうき緑茶

べにふうき緑茶


効果、経済性を考えたら断然、「微粉末タイプ」の”べにふうき”ですね!


べにふうき 購入はこちら




  べにふうき


生産者だから出来る

一般的に通常販売されている「べにふうき」は、スティックタイプで、1包 0.4〜0.6gしか入っていませんが、福本園の「べにふうき」は、だいたい倍の量の1包 1g 入っておりますので、非常に効果大です。
※直ぐにでも、花粉症対策で効果をあげたいというお方は、1回あたりのべにふうきの量を1g入れて頂かれるのがおすすめです。

福本園では、「生産者だから出来る安いお値段、納得の内容量」で皆様にご提供しております。

※ただしべにふうきは、生産量に限りがありますので、在庫が無くなり次第、販売終了とさせていただきます。






日経ヘルスに掲載
福本園の「べにふうき」が健康雑誌「日経ヘルス 2010.3」2010年2月2日発行(3月号)に掲載され、べにふうきに含まれるメチル化カテキンが花粉症の症状を抑える効果があるという事とともに、当店「べにふうき粉末緑茶」商品が紹介されました。



べにふうき ご購入のお客様の声





2通りのタイプ

福本園では、手軽で携帯に便利な『スティックタイプ』と大袋入りでお買い得な『徳用タイプ』の2種類のべにふうきをご用意しております。
どちらのべにふうき緑茶も同じ微粉末タイプで、毎日飲み続けられる方には、お得な大袋入りの徳用タイプがお勧めですし、手軽さ、携帯性を重視される方は、スティックタイプがおすすめです。

べにふうき緑茶 花粉症に



べにふうき緑茶

2件中 12件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く