商品代金3,000円以上ポスト投函便にて送料無料!!営業日PM3時までのご入金で当日発送可能!!
 
◆金魚型の樹脂粘土での使い方◆


上級者向け(上級者レベルのテクニックが必要です。)



1、型にベビーオイルやワセリン等の油分を筆で塗ります。



2、上の方の型に粘土をしっかりと多めに入れます。



3、
下の型も合わせ、しっかりと押えます。合せた時に型をクネクネと曲げて型の細部まで粘土を広げます。



4、側面からはみ出した粘土は取り除きます。この時に余分なはみ出した粘土はある程度取り除きます。



5、側面もしっかりとおさえます。



6、上の型を外します。(上の型が外れにくい場合は型と粘土の際にベビーオイルを垂らすと抜け易いです。)



7、下の型に金魚がのっている状態にし、はみ出した粘土の際をステンレスモデラ等で線を引く様に取り除きます。


8、再度、上の型を合わせ、しっかりと押えます 。粘土の厚みを整えます。



9、上の型を外し、目を付けます。 目の部分にボンドを付けます。



10、目の部分にカラービーズブラックをのせ、押し込みます。



11、
バリが出ている状態で半乾燥させます。(半日程度)



12、手で持っても形が崩れない程度乾燥させたら、はみ出ているバリをハサミでカットします。



13、お好みより尾びれ中央に切り込みを少し深く入れると尾びれが広がり躍動感がでます。


14、しっかりと乾燥させて完成!
 

 

◆金魚型のUVレジンでの使い方◆

上級者向け(上級者レベルのテクニックが必要です。)

1、上の型を少し斜め(頭下がり)にしレジンをあふれない程度流し込みます。

2、下の型のお腹のくぼみにもレジンを流します。(色付けをする場合はこの時に色粉を溶かします。)

3、レジンが流れ出ない様に気を付けて型の金魚の頭が下向きになる様たてに持ち、型を合わせます。(頭を下に立てた状態)

4、型の頭部分はしっかりとセットされたまま、尾びれ部分を少し開け、そこにレジンボトルの口を差し込み流し込み液が一杯になったら型を閉じます。

5、UVランプに入れて硬化させます。(液が流れ出る場合は型と同じサイズ程度の板やプラ板2枚を用意し、型をはさみ輪ゴムで止めると流れにくいです。)

6、硬化後、型から取り外し、流れ出たバリをニッパー(工具)やハサミなどでカットして完成。

*2液混合型レジンは粘度が少なく、硬化に時間がかかる為、液が流れ出るので使用不可です。

液が漏れる場合はこのように型に板を挟み込み硬化させると良いです。
*画像は金魚の型ではありません。イメージです。