平看板・プレート類取り付け方法
(1)フェンスへ設置(結束バンドの場合)
(2)車止めブロックへ設置(ボンドとテープの場合)

(3)外壁へ設置(ビス止めの場合)


↑コンクリート壁又はコンクリートブロックへ取付の場合です。



取り付け&設置方法 Q&A
Q:コンクリートの壁やブロックに付ける場合はボンドだけで大丈夫ですか?
A:ボンドのみでの取付は年数がたつと突然剥がれ落ちて風で飛んでいく危険がありますのでビス止めをお勧めします。(外壁へ設置(ビス止めの場合)参照)
車止めへのプレート取付などはボンドでの取付で問題ないと思われます。
その場合は、ボンドが乾くまでの仮止めを兼ねて両面テープとの併用をお勧めします。(車止めブロックへ設置(ボンドとテープの場合)参照)
Q:プレートを車止めに取付ようと思います。
タイヤが当たったりタイヤで踏んでも大丈夫ですか?

A:タイヤが接触する場所への取付は避けてください。看板破損の原因になります。

Q:ショップで取り扱っているボンドや両面テープの強度を教えてください。
A:当ショップで取り扱う取付用部材は屋外広告で広く使われている物です。
強度・耐久性において用途上問題の無いものになっておりますが
間違った使い方や下準備に不備がある場合、十分な強度が得られない事があります。
詳しくは各部材の商品ページに記載されておる商品説明をよく読んでご使用ください。

 

 
 (1)フェンスへ設置(結束バンドの場合)
準備するもの
(1)看板・プレート

(2)結束バンド

(3)ペンチ又はハサミ

 

ステップ.1  位置決め

現物を当てて取付位置を決めます。
ステップ.2  取り付け

結束バンドで6方向へ引っ張ります。

ポイント!
少しずつ均等にバンドを締めていくと水平が
出しやすいです。


【注意】
4方向のみだと、風に飛ばされる危険がありますので、必ず6方向止めるようお願い致します。

ステップ.3  仕上げ
余計なバンド先端を切り落とします。
ステップ.4
完成!

 


 

 
 (2)車止めブロックへ設置(ボンドとテープの場合)
準備するもの
(1)看板

(2)強力両面テープ

(3)布・ウエス

 

ステップ.1  位置決め

現物を当てて取付位置を決めます。
取付位置に印を付けておきます。
ステップ.2  下準備
接着面を綺麗な布などで拭きます。
※ホコリ等が設置面に付着していると
  充分な接着強度が得られません。
ステップ.3  取り付け

エポキシ系ボンドと強力両面テープで
取付けます。看板の大きさによって適用量の
ボンドとテープを付けます。

ポイント!
タイヤの当たらない位置へ取り付けると安心です

ステップ.4
完成!

 


 

 
 (3)外壁へ設置(ビス止めの場合)
準備するもの

(1)看板

(2)電動ドリル

(3)ドライバー

(4)ビス・カールプラグ

(5)コンクリートボンド

(6)ハンマー

 

ステップ.1  位置決め

現物を当てて取付位置を決めます。
ビスの穴位置に印を付けておきます。




ステップ.2  穴あけ

ドリルで6ミリ程の径の穴をあけます。
※空けた穴をよく掃除して下さい。

ポイント!
コンクリート用のキリをご使用いただくと
穴が開けやすいです。

ステップ.3  カール打ち込み

カールプラグにコンクリートボンドを付けて
空けた穴にハンマーなどで打ち込みます。

ステップ.4 ビス止め

看板の穴位置と合わせてカールプラグへ
ビス止めします。

ポイント!
4か所を均等に締めていくことで水平が
とりやすくなります

ステップ.5 完成
完成!