1. DIYツール ドットコム >
  2. 半自動溶接機アーキュリーシリーズ徹底比較│DIYツールドットコム

今まででは珍しかったプライベート(ご家庭)での溶接も現在では各社様々なタイプや価格帯の溶接器がホームセンター等でも見る事が出来るようになりました。今回はその多種多様な溶接機の中でも特にオススメするのが人気のスズキッド製半自動溶接機「MIG/MAG機アーキュリー120」と、「ノンガス専用アーキュリー80ルナ2」の2種類を比較致しました。商品お求めの時のご参考にして下さい。

【プロ・セミプロ向け】ノンガス・MIG/MAGアーキュリー120
これまで手棒では難しかった、薄板溶接を可能に100V本格MIG/MAG機。これ一台でステンレスやアルミまで溶接できる、サンデーメカニックも満足のすぐれものです。通常はガスを使ってステンレス・アルミ等も扱える万能タイプですが、ノンガスでも使用可能。ノンガス用のフラックス入りワイヤを交換する事によって、軟鋼/ステンレスの溶接が可能。 ※アルミはガスを使用し、ソリッドタイプのワイヤーを使います。2つのスイッチを組み合わせて4段階の電流調整が可能。更にワイヤー速度調整のダイヤルを、好みのスピードに合わせて調整して作業します。(ノズルのグリップを握るとワイヤーが出てくるので簡単溶接可能)

大きい画像を見る

【アマチュア向け】ノンガス専用アーキュリー80ルナ2
アーキュリー80ルナ2は100V専用機(ノンガス専用)です。シールドガスを使わないで誰にでも手軽に溶接をお楽しみ頂けるモデルになります。また、専用のノンガスワイヤ(管状で内部フラックス入)軟鋼0.8Φ、ステンレス0.8Φの2種類のワイヤが使用出来る半自動溶接機です。ワイヤフィーダーモーターユニットが溶接機内に配備され、100Φ(軟鋼ワイヤPF-01 0.8Φ×0.8kgとステンレスワイヤPF12 0.8Φ×0.45kg)のリールを備える事ができます。溶接機にはトーチコード、電源コード、アースコードが直付されています。溶接電流とワイヤスピードは、フロントパネル上に配備されたワイヤースピード調節ダイヤルで調節出来ます。

機種
入力電源 単相100V 単相100V 単相100V/200V兼用 単相200V
溶接可能材料 軟鋼・ステンレス 軟鋼・ステンレス・アルミ 軟鋼・ステンレス 軟鋼・ステンレス・アルミ
溶接方法 ノンガス溶接 ノンガス・MIG・MAG・Co2溶接 ノンガス ノンガス・MIG・MAG・Co2溶接
ノンガス軟鋼 1〜5mm
(断続的な点付け溶接1〜1.2mm可)
(100V-15A使用で1〜3.2mm)
(100V-25A使用で1〜5mm)
リアクターボックス(別売)使用で0.8mm〜可
0.8〜6mm
(100V-15A使用で0.8〜3mm)
(100V-30A使用で最大6mm)
0.8〜6mm
(100V-15A使用で0.8〜3mm)
(100V-22A使用で最大4mm)
(200V-22A使用で最大6mm)
0.8〜7mm
(200V-22A使用で最大7mm)
ノンガスステンレス 0.8〜2mm
(断続的な点付け溶接0.8〜1mm可)
(100V-15A使用で0.8〜1.5mm)
(100V-20A使用で0.8〜2mm)
0.8〜1.5mm 0.8〜2.0mm 0.8〜2.0mm
ソリッド軟鋼 使用不可 0.7〜5mm
(100V-15A使用で0.7〜3mm)
使用不可 0.7〜7mm
ソリッドステンレス 使用不可 0.8〜1.5mm
(100V-15A使用で0.8〜1.5mm)
使用不可 0.8〜2.0mm
ソリッドアルミ 使用不可 0.8〜3mm
(100V-15A使用で0.8〜2mm)
使用不可 0.8〜4.0mm

(C) DIY-tool.com 2004-2015.