業界最安値!クリアファイル印刷ならクリアファイル・ファクトリー
  1. クリアファイルファクトリー >
  2. 入稿データの作り方
データ作成

adobeでの注意点

テンプレートとデータ作成について

テンプレート

白打ち(白版)作成について

作成上の注意点

白打ち(白版)について
黒色使用の注意点
画像データについての注意事項

●画像データは「リンク」させてください。
データ作成時に使用した画像は埋め込みせず、リンクさせてください。その際、画像のカラーモードは必ずCMYKにしてください。
また、リンク画像データはイラストレータと同フォルダ内に入れていただくようお願いいたします(リンクが外れてしまう可能性があるため)。またファイルの同名にもご注意ください。

●画像データは印刷に適したサイズをご使用ください。
印刷用画像データとして適切なサイズは、原寸サイズで350dpiです。
サイズが小さかったり、解像度が低かったりすると、データ作成時に画面で見ているより劣化した状態で印刷されてしまいますのでご注意ください。
※もともと解像度の低いデータを数値だけ変化させても荒さは変わりません。

その他

●罫線の線幅は0.3pt(0.1mm)以上に設定してください。
これより細い場合、印刷した際に線が表現されない可能性があります。

●校正見本を添付してください。
jpgデータまたはpdfデータを必ず校正見本として添付してください。

●データ入稿の際に不要なデータは添付しないでください。
トラブルの原因となりますので、「印刷用イラストレータデータ」「リンク画像データ」「校正見本」以外不要なデータは添付しないようお願いいたします。

●一つのフォルダにまとめて、圧縮してお送りください。
入稿データは、必ず一つのフォルダにまとめて、圧縮してお送りください。

●透明効果について
イラストレータで透明効果(オーバーレイや差の絶対値など)を使用される場合、その部分はラスタライズをしてください。K100%はリッチブラックになるように作成ください。

●仕上がりの色について。
印刷色は出力見本に極力合わせますが、お客様がプリンターで印刷されたものや素材が違うものへの印刷物とは、印刷対象物・インクの関係で色合い・濃さが多少異なる点を御了承ください。また、パソコン画面上の色味とも若干異なります。
※色味がご心配のお客様は、校正(別途料金)されることをお勧めします。

●弊社テンプレートを使用していないデータについて
弊社規定テンプレートを使用することで、作業の効率化を図っております。
他のテンプレートを使用されたり、テンプレートを使わずに作成したデータを頂いた場合は、再入稿または一部修正費がかかる場合がございます。