お盆は私たち日本人の大切な行事のひとつです。

お盆に先祖の精霊をお迎えして供養するというのがお盆の行事です。
それぞれの宗派によってはっきりと定められているものではありません。
その土地その土地によって、そこに住む人々が思い思いに工夫をこらし、
古来えんえんと伝えられてきたという民間伝承のしきたりなのです。

お盆とは

お盆は、正しくは「孟蘭盆会」といいます。梵語でウラバンナ(逆さづりにされたような苦しみ)といい、「孟蘭盆会」はその音が転じて、略してお盆というようになったといわれています。
そもそもこの行事は、お釈迦さまのお弟子の目蓮尊者が、亡くなったお母様が餓鬼の世界で生まれ変わり苦しんでいるのを知り、なんとか救おうとその母に食物を与えるのですが救われず、お釈迦様のお導きで、多くの衆僧を招いてご供養の大布施行を捧げたところ、餓鬼の苦しみからのがれることができたという。その日が七月十五日であったという故事から、この期間に、ご先祖の霊をわが家に迎えてご供養を捧げ、また、仏様の浄土に送り返す「孟蘭盆会」の行事が行われるようになったといわれます。
お盆の期間

お盆の期間は地域によって、毎年の7月13日から16日(初盆の家庭では7日より16日)まで、または、東京以外の多くの地域では「月おくれ盆(旧盆)」といって1ヵ月遅れの8月13日から16日までです。
お盆の準備

お盆は、ご先祖や亡くなった人たちの霊が一年に一度家に戻ってくるといわれ、各家では、十三日の朝には、仏壇をきれいに清掃し、先祖の霊を迎えるための場所、つまり精霊棚を準備します。

・お仏壇の前に机を置き、真菰で編んだゴザを敷きます。
・位牌、香炉、燭台、花立て、リンを机の上に移します。
・迎え団子を13個お皿に盛って供えます。
・ナスとキュウリをさいの目に切り、洗い米を混ぜた「ミズノコ」と水に蓮の葉を入れた「閼迦水」を供えます。
・ナスとキュウリで馬と牛を作って供えます。

※精霊棚を作るスペースがない場合はお仏壇の中に盆飾りやお供えをしてもかまいません。
迎え火で祖霊を迎えます

13日の夕方、お墓参りをし、苧殻(おがら)や松明を焚いて祖先の霊が家に戻ってくるために迷わぬよう道を明るくして迎えます。
実際、火を焚くことができない場合が多く、代わりに期間中、盆提灯を灯すことが多いようです。盆提灯や盆灯籠は、ご先祖の霊を家にお迎えする際の目安になるものですから、お盆期問中はずっと仏前に飾っておきます。
期間中は精進料理で先祖の霊をもてなします。
僧侶が棚経にお越しになります

お盆には僧侶が棚経に各家を回り、読経をいただきます。お礼としてお布施を用意します。
送り火を焚いて祖霊を送ります

16日の夕方、送り火を焚いてご先祖の霊を送ります。代わりに、盆提灯を灯すことが多いようです。
この後もう一度お墓参りをしますが、近くにお墓がない場合は、送り火だけですませるところもあります。たとえば、京都の大文字焼きも送り火の一種です。
ご先祖の霊をお送りした後、お供え物などを川や海に流します。しかし、今日では、ご先祖の霊が帰る日の夜かその翌日に行われることが多いようです。これを「精霊流し」とか「灯籠流し」といって、お盆の間お供えした飾り物をご先祖の霊の手土産として、わらやおがらなどで作った精霊舟に灯籠やロウソクを立てて、天上界へ送り出すのです。しかし、現在は、川や海の汚染問題から、焼却せざるをえない所も多くなっているようです。
新盆の迎え方

四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」といいます。
新盆のご供養は、特にていねいに行います。このときは、親族や故人と親しかった友人などをお招きし、お寺様に読経してもらい仏様のご供養の意味で参会者全員で食事をします。
故人の忌明けより前にお盆を迎えた時は、その年でなく翌年が新盆となります。なお、お盆の時期はお寺様のもっとも忙しい時ですから、読経の依頼は、早めにお願いしておきましょう。
地方により異なりますが、新盆提灯は新盆の家庭に親類が贈る習慣がありますが、ご自分でお求めになる事が多くなっています。秋草模様などの絵柄の入ったきれいなものは、毎年のお盆に使われますが、白張り提灯は新盆の時だけで、送り火で燃やしたり、お寺様へお収めしたりします。
絵柄の入った盆提灯は毎年お盆に使いますので、できるだけ良いものを選ぶと良いでしょう。
盆踊り

もともとはお盆に帰ってきた霊を慰め、無事に送り返すための宗教的な行事でしたが、今では夏のイベントの趣が強くなっています。
本来は寺院の境内や墓地の近くの広場を選んで行われていたものです。 大衆娯楽として発達したものですから、その行事の方法も地方によってずいぶん違うようです。

お盆FAQ
「お盆はどうしたらいいの?」

お盆の行事は、全国共通ですが、お盆の迎え方は地域によって違います。盆提灯も地域によって形が違うことがあります。お盆はその地方固有の伝統に根差した大切な行事です。初めてお盆を迎える方は、その土地の知り合いに聞いて、その土地の習慣に合せるのが一番でしょう。また、お寺さまにお伺いするのも良い方法です。
「盆提灯はどうして飾るの?」

ご先祖さまは迎え火の明りを目印に戻るといわれています。盆提灯は迎え火の代わりとして灯すものです。また、盆提灯は、お世話になった故人の冥福を祈り、感謝の気持ちを表すものです。
お盆のお供えは、提灯が最高のものです。お供えの提灯が多ければ多いほど故人が周囲から慕われていたことを示すものです。
「盆提灯はいつから飾ったらいいの?」

お盆提灯には迎え火、送り火の役目があるのでお盆の月の13日夕方に点灯し、16日夕方に消します。その間ずっと点灯しておく必要はありません。また、実際には7月(8月)入ると同時に盆提灯を飾ることが多いです。
「盆提灯はどうやって選べばいいの?」

自分の好みではなく、先方の都合と自分の予算、また先方が飾られる場所や広さを考慮して、選ぶのが良いでしょう。

お盆提灯のお値段の違いは、主に下記2点です。
・手板や輪の素材の違い(銘木製・黒塗本金蒔絵>木製>プラスチック製)
・火袋の違い(絹二重>絹張り>和紙張り)
「新盆は白い提灯以外は買っていけないの?」

49日の忌明け後に初めて迎えるお盆を、「新盆」といいます。新盆の時には、無地で白木地の提灯を使うことが関東地方では多いようです。
新盆用の吊るす提灯を1個飾り、他に絵柄の入った提灯をお飾りします。一般的に新盆用提灯はご家族の方が購入し、その他の盆提灯は親戚・兄弟・知人の方々が贈っていましたが、最近では盆提灯を置くスペースなどを考えてご家族の方が全て揃える事が多くなっています。
「親類じゃないと盆提灯を贈っていけないの?」

盆提灯は、故人の供養だけでなく、お世話になった方の感謝の気持ちを表すものですから、提灯を贈るのは大変良いことです。
「盆提灯は宗派で違うの?」

特別には宗派別の提灯はありません。仏教でしたらどの提灯も使用できます。むしろ、地域的に使用する提灯が多少違う傾向があるようです。
「盆提灯は、亡くなった人がなければ飾っていけないの?」

提灯はご先祖さまの為のものです。本来亡くなった人だけの物ではありません。ご先祖さまを供養し、仏さまに感謝することで家族の幸せを願うわけですから提灯を飾るのは大変良いことです。
「葬儀に使用した提灯をお盆にも使用してもいいの?」

提灯には、特に葬儀用、お盆用といった区分はありません。故人の霊を慰め感謝の意を表す意味で、どちらの提灯も役割はかわりません。
しかし、一方では葬儀の提灯は、故人の魂が安らかに成仏する事を願うためのもので、盆提灯は、仏さまになられた故人を含むご先祖さまをお迎えし、お送りする為のものだから、区別したほうが良いという考えが多くなっています。
「盆提灯の飾る場所は決まっているの?」

新盆用提灯は初めて故人が家に帰るための目印として、玄関の軒先や窓に近い場所に飾っていましたが防犯上の心配もあり、今では仏壇の置いてある部屋(仏壇の前)に飾る事が多くなっています。
その他の盆提灯は仏壇を真中にして両側に一対以上飾ります。しかし、左右どちらかに壁などあったりスペースの問題がある場合には、片方側に1個だけ置く事もあります。一個にして良いものを飾りたいという人も多くなっています。
「盆提灯は毎年飾るものなの?」

毎年、お盆にはご先祖さまが帰ってきます。その時の迎え火・送り火の役目を果たすものですから、毎年飾ります。ただ、たくさん頂いた盆提灯を全部飾るのは大変ですから、2〜3年後には気に入った提灯だけを飾る方もいます。
「盆転灯はどのように点灯するの?」

当店でお取り扱いしているお盆提灯では、ろうそく式・電池式・電気コード式の3種類がございます。各商品ページに記載しておりますのでご確認の上、ご注文下さい。
電池式電気コード式
「廻転灯が廻らない時はどうしたらいいの?」

回転灯の組み立て方をご覧下さい。
「提灯にお付けする送り主の名前札とは何?」

贈り物のお盆提灯の場合に、贈り主のお名前を書いてお盆提灯を飾る際に一緒に付ける札です。お花などを贈る際に付けられる送り主の名前の札と同様です。
この札の使用は地域によって大きく差があるようで、
 ・必ず送り主側が名前を書き入れて箱に入れる
 ・全く使わない、箱には入れない
 ・名前を書かずに札を入れて使用の有無はお贈り先にお任せする
と様々な考え方がございます。
ご注文時に名前札の要/不要と名入れの有/無のご希望をお知らせ下さい。


お盆提灯売場を見てみる
お仏壇のよねはらは、創業明治30年、
仏壇・仏具・位牌・数珠・線香・盆提灯・神棚の専門店です。


■お支払いについて■
「よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店」では下記のお支払い方法をご用意しております。
●クレジットカード決済  ●商品代引
●銀行振込(前払い)  ●郵便振替(前払い)
●ペイジー(前払い)
●コンビニ決済(前払い) ●モバイルSuica(前払い)
■送料について■
詳しい送料については、お買いものガイドの送料をご覧ください。
10,800円(税込)以上お買い上げで送料・代引手数料無料といたします。
■ご発送について■
よねはらでは、宅配便にて発送いたします。
お仏壇の場合は、北海道内に限り自社配送の場合もございます。
■ご納期について■
「よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店」では、お客様のご希望の納期にお届けします。
通常の納期は、約7日程度とお考え下さい。
なお、在庫は切らさない様にいたしておりますが、在庫切れの場合、ご希望納期にお届けできないことがございます。その際は、必ずご連絡の上、お客様のご了承を得た上で発送させて頂きますのでご安心下さい。
■サイズ表記について■
できる限り正確なサイズ表記を心がけておりますが、1点1点で多少大きさが異なり、お届け商品のサイズと誤差が生じる場合がございます。ミリメートル単位までの正確な寸法が必要な場合は、現在お届けできる商品を再度採寸してお知らせ致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
■ご返品・交換について■
「よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店」では商品の品質に万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら商品到着後、1週間以内にご連絡下さい。責任をもってすぐに交換させていただきます。
 なお、お客様のご都合による返品・交換の場合は、未使用のものに限り、商品到着後1週間以内はお受けいたします。その際の送料・支払い手数料はお客様のご負担となりますのでご了承下さい。
*1週間を過ぎた場合の返品には応じかねます。
■お願い■ご注文確認メールをご覧下さい
ご注文をいただきますと、YAHOO!ショッピングから自動送信されるご注文確認メールの後に、当店から直接確認のメールを送らせて頂きます。必ずご確認下さい。(メールが届かない場合、info@butudan.co.jpへご連絡下さい。メールの受信拒否設定をされている場合はこのアドレスからのメールが届くようにして下さい。)
■ラッピングについて■
大切な方への贈り物にはギフト包装をご利用下さい。
よねはらでは、料金をサービスさせて頂いております。
複数個の商品をご注文の場合は、包装方法を「まとめて一つ」「1点ずつ」等必ず詳しくお知らせ下さい。なお、商品の形状によりご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さい。詳しくはこちら
■営業時間のご案内■
実店舗 9:30〜18:00 
定休日  左の営業日カレンダーをご覧下さい
よねはら【Yahoo!ショッピング店】からのご注文は、
24時間受け付けています。
■お問い合わせ■
メール又はお問い合わせフォーム又は
お電話(0120-987-725)でお願い致します。
電話でのお問い合わせの際は「Yahoo!ショッピング店をみて」とお知らせ下さい。
■実店舗ご利用のお客様へ■
よねはら【Yahoo!ショッピング店】は、実店舗のWebオーダーショップではありません。実店舗とは別事業部のショップですので、商品構成、商品価格、決済方法、配送料金等が多少異なる場合があります。
■プライバシーの保護について■
「よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店」では、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所氏名、メールアドレス、ご購入アイテムなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。どうぞ安心してご利用下さい。
■よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店■
株式会社 一ヨ米原仏具店
〒064-0804 札幌市中央区南4条西2−2
店舗運営責任者:米原 実
FreeDial:0120−987−725
(午前9:30〜午後6:00)
E−Mail:info@butudan.co.jp
「よねはら 仏壇 仏具 数珠 神棚の店」Yahoo!ショッピング店

Copyright (C) YoneharaButsuguten Co. All Rights Reserved

閉じる

最大倍率もらうには?

+1倍
ストアポイント
+4倍
Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
開催期間:2016/6/30 23:59まで
今すぐ会員登録
+2倍
条件ありお支払い
Yahoo! JAPANカードご利用で毎日Tポイント3倍
開催期間:2017/3/31 23:59まで
詳細を見る
最大7倍のチャンス

  • お支払い
    記載の倍率分のポイントを獲得するためには、カートで記載のお支払い方法を選択する必要があります。
    またそれ以外にも諸条件が設定されている場合があります。
  • 注意事項:ポイントキャンペーンや特典内容には諸条件があります。
    当該ポイント倍率分のポイント数を獲得できない場合もありますので、ご注文する前に必ずキャンペーンページをご確認ください。
    キャンペーンの開催期間や特典内容および適用条件を、予告なく変更する場合や中止する場合があります。