1. はんこ奉行 >
  2. 合格応援グッズ

ご祈祷済み 合格木札ストラップ


菅原天満宮は、菅原道真公の誕生の地と言われ、奈良県奈良市にあります。

菅原道真公は野見宿祢第十七世の子孫である。参議従三位是善の第三子で、生来聡明にして文学に長じ、 貞観年中には文章得業生となり累進して文章博士となる。宇多天皇の寵愛を得て遂に参議に任ぜられ、 民部大輔左大弁勘解由長官となった。その後遣唐使を拝命した。醍醐天皇の昌泰二年(西暦899年)に 右大臣に重用された。その後、故あって太宰府に転じたが、これを機にいよいよ詩歌の道にいそしみ、文筆に 励み広く学芸の神と仰がれるにいたった。とくに晩年は、類従国史二百巻を編さんし多くの史書や詩歌の書を筆わし、その博学ぶりを発揮した。

 道真の没後は全国各地に道真を祀る神社が設立され、世に道真を天満大自在天神と崇め奉るにいたった。 その中にあって、菅家発祥及び生誕の地 当菅原天満宮と、終焉の地 太宰府天満宮及び京都の北野 天満宮は最も重要な神社とされている。こうしたゆかりを以って世の人々は、道真の神徳にあやかり、学徳 成就の祈願は言うまでもなく、文筆にいそしむ人々の信仰は殊に厚い。当菅原天満宮境内には立派な筆が建立されている。

当地は菅原道真の生誕の地であるとの伝承がある。「道真の母が菅原氏の本拠であるこの地に戻って道真を出産した」と伝えられており、神社の東にある池(現在は「誕生池」と呼ばれる)の水を産湯に使ったとも伝わっています

学問の神様であります菅原道真公をお祀りした御社殿で、学業成就を祈り、厳かに御祈祷が執り行われました

合格応援グッズ

1件中 11件目

セット/単品
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く