泥棒の侵入の手口(玄関)

・「ピッキング」
ピッキングとは、「ピック」と「テンション」という二つの道具を使い、鍵をさしたのと同じ状態にして不正に解錠操作を行うことです。
この技術を習得している者が犯罪行為に用いると、従来の鍵を破壊するタイプの住居侵入や窃盗と違って被害が周囲に気づきにくくなります。
狙われやすいのは、狭く入り組んだ路地が多く、防犯パトロールの目が届きにくい住宅街が多いと言われています。
たしかに住宅街は人通りも少なく、おだやかな町並みが特徴的ですが、それだけ人の目がない、ということにもなります。
対策としては、ピッキングに対する防犯性が高いシリンダー錠に交換することが考えられますが、ピッキング対策を講じても、サムターン回し・カム送り解錠などピッキングと手口の異なるものは防ぐ事はできません。それらへの対応も同時に行う事が重要であると言えます。

・「サムターン回し」
サムターン
「サムターン回し」とは、ドアの外側(新聞受けなど)から器具を使い、ドアの内側にある施錠用のつまみ「サムターン」をまわすことによって解錠する不正な解錠の手口の一つです。
新聞受けの他、ドアの隙間、のぞき窓などが狙われており、シリンダーの交換ではこの手口は防げない為、総合的な対策が必要です。

・「カム送り(バイパス)解錠」
カム送り(バイパス)解錠とは、ピッキングのようにシリンダーではなく、「デッドボルト(ドアからドア枠に差しこまれてドアが開かないようにする錠前の部品)」を作動させてドアを開ける方法です。
カムとは、デッドボルトを錠ケースから送り出して施錠したりする部分を指し、鍵をさしてシリンダーを回すとカムが動いてデッドボルトを動かしロックが外れます。
つまりこの仕組みを利用して錠ケースの隙間やシリンダーとドアの隙間から針金などを差し込むことでカムを直接動かし解錠するという手口です。

・「こじ開け」
鍵というよりドアをバールなどでこじ開ける手口です。
バールはピッキング防止法により、所持が制限されています。

・「バンピング」
ピンシリンダー錠を開けるために用いられる特殊加工したキー。
このバンプキーを用いて開錠する方法をバンピングといいます。
古典的なピンシリンダーは原理的に全て解錠可能となります。 解錠操作には、熟練した技術や特殊工具を必要とせず、社会問題となったピッキングよりも簡単でしかも短時間で解錠可能であるといわれています。

・「ねじ切り」
シリンダーやノブをレンチでつかんでもぎ取る解錠方法です。

・「つぼ抜き」
単列ピンタンブラーをドリルで打ち抜く方法です。

・「打ち抜き」
錠やシリンダーをハンマーで叩き込む方法です。

・「ちょう番外し」 玄関ドアなどによく見られる外開きのドアは、ドアの回転部分にあるちょう番の軸が外部に露出する構造です。この無防備な部分を切断して、ドアそのものを外して侵入する方法です。

・「かんぬき切断」
これも文字通り、かんぬきをノコギリで切断するもので、 デッドボルトに柔らかい材質が使われる場合やスイング形式のドアのように戸当りがない建具では、特に危険性が高いです。

泥棒の侵入手口(窓)

・「焼き破り」
焼き破りとは、窓ガラスを携帯用のバーナーやライターで焼いて、 割れやすくなったところを割ったり、水を吹きかけてヒビを入れて割るなどして窓のクレセント錠を開けてしまうというものです。
窓ガラス破壊時の音がほとんどしないため気づかれにくい、 特殊な工具を必要としないため怪しまれにくい、などから、 ピッキングやサムターン回しに代わる侵入盗の手口として急増しているようです。

クレセント錠

・「こじ破り」
こじ破りとは、ドライバーをガラスとサッシの隙間にねじ込んでガラスを割り、指が入る程度の穴をあけ、クレセント錠を直接不正に開放する手口です。

・「打ち破り」
打ち破りとは、物や道具を用いてガラスを叩きつけるように破壊して侵入する方法です。
大きな破壊音が発生するため、極めて短時間で目的を達成しようとします。手を差し入れられる程度の小さな開口をつくりクレセントを操作する場合もありますが、最初から人間が通過できるほどの大きさに破壊することもあります。
また、ガラスにガムテープを貼り破壊を行う方法もあります。

泥棒の侵入経路
泥棒の侵入経路統計グラフ

泥棒の侵入経路は、「窓」が一番多いという統計が出ています。
大きな窓ほど狙われやすいですが、 台所・浴室・トイレ等の小さな窓や2階のベランダからでも泥棒は侵入することができます。
手口としては焼き破り・こじ破り・打ち破り等の「ガラス破り」です。 つまり、窓ガラスを破られにくくする等の対策が施されていれば、 泥棒の最大の侵入経路をふさぐことができるとも言えます。

泥棒の侵入時間
泥棒の侵入時間統計グラフ

泥棒・空き巣が侵入にかける時間は、統計で10分以内が最も多いといわれています。
5分以内は約7割、10分以内は9割にもなるそうです。
また、侵入を諦める時間は5分以内が目安といわれています。
つまり、防犯対策としては、「侵入に10分以上の時間をかけさせる」ということになります。
代表的なものとしては、鍵の数を増やす、窓ガラスを強化する等が挙げられます。

泥棒は音と光を嫌う

泥棒・空き巣は「音」や「光」を嫌うといわれています。
これは泥棒・空き巣の心理状況を考えると当然のことで、 侵入の手口は多々ありますが、侵入にかける時間は5分〜10分といわれており、その間にブザー音が鳴ったり、光に照らされていては、泥棒としてもたまらないと思います。
つまり、警報装置(センサーブザー)、強烈な照明(センサーライト)などを玄関・窓に設置しておけば、泥棒から狙われにくくなると言えるでしょう。

ご利用ガイド

◆お支払い金額
お支払い金額につきましては以下のとおりとなります。

■お支払い総額
商品代金合計(税込)+送料(税込)
※商品代引の際は、代引手数料(税込)も別途必要となります。

■消費税の取扱
ページ内の全ての金額は、全て税込表記となっています。
◆送料について
送料については、県別・地域別で異なります。
※一部離島にはお届けできません。
※代引手数料は324円です。
※海外へのお届けはできません。




■お届け方法

お届けは「ヤマト運輸」のみの対応となります。

※原則、即日発送致します。(15時までのご注文の場合)
在庫状況等により例外もございますが、ご了承下さい。

銀行振込の場合・・・ご入金確認後のお届けとなります。

※当店では、原則、ご注文日即日に発送致しておりますが、商品在庫を弊社別サイトなどと共有しておりますので、随時在庫は変動しています。
ご注文頂いた商品が在庫切れ(入荷待ち)の際は、メールにてご連絡いたします。


◆送料無料の適用条件
商品総額が、¥30,000円以上の方は、送料が無料となります。

◆保証について
商品の保障は、メーカー保障期間のみです。
また、お客様のご都合による返品・交換は原則としてお受付できませんのでご了承下さい。尚、返品・交換などについては、事前にご連絡下さい。

詳しくはこちら

◆備考
「護身用品」につきましては、18歳未満の方にお売りすることはできません。また、目的外使用や犯罪を目的とされている方には、商品の販売は致しません。

予約販売商品につきましては、当店において、商品入荷後、順次発送させていただいております。納期につきましては、正確な時期についてお答えできかねる場合もございます。また、システム上、納期前の商品の到着指定は無効になってしまいますので、何卒、ご了承下さい。


◆プライバシーポリシー

詳しくはこちら

◆お支払い方法
お支払い方法につきましては、商品代引・銀行振込(前払い)・クレジットカード決済となっております。

■銀行振込の場合
※振込手数料はお客様の負担となります。
下記の口座にお振込み下さい。

銀行名:みずほ銀行池尻大橋支店
(ミズホ銀行イケジリオオハシシテン)
種別:普通
口座番号:8038718
名義:合名会社T.I.U.

■商品代引について
商品代引でのご購入の場合は、一律324円(税込)の代引手数料がかかります。
※代引手数料はお客様の負担となります。
■クレジットカード

※上記のいずれかのクレジットカードでお支払いになると、お客様のクレジットカード番号はご注文先ストアを経由せず、株式会社ネットラストを通じてカード会社に安全に送信されるため安心です。

<決済方法>
ご注文後、お支払い手続き用のメールを通常24時間以内にお送りします。メールに記載されているお客様の手続き用ページにアクセスし、決済のお手続きをして頂きます。お客様の決済完了を確認後、商品を発送いたします。

<支払総額について>
金額: 商品代金合計(税込)+送料(税込)
※当店では、消費税(8%)を含んだ価格表示を行っております。
※消費税の端数切り捨てで計算しております。


<手数料について>
手数料は当店にて負担致します。

<ご利用上の注意>
ご注文後に注文承諾メールにてお支払総額をお知らせ致しますので、必ずご確認ください。カード発行会社の承認が確認でき次第、商品を発送させて頂きます。
■コンビニでの決済

※上記のいずれかのコンビニでのお支払いがご利用になれます。

■ペイジー

※ペイジーでの決済がご利用になれます。
◆お問い合わせ
電話でのお問い合わせは、時間内の受付となります。尚、メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

お気軽にご相談下さい。

会社名:合名会社T.I.U.
住所:東京都目黒区東山3−16−3ウェル東山ビル202
担当者:佐々木真人

詳しくはこちら

Copyright(C) 2008 合名会社T.I.U. all rights reserved.