• 使用buyee从海外购买yahoo网站购物的商品
  • 使用Buyee從海外購買yahoo網站購物的商品
  • Buyeeでヤフーショッピングの商品を海外から購入
  • Using Buyee makes you enable shopping at Yahoo! Japan Shopping from overseas.
真の健康を考える店
BEELUCK Yahoo!店
ストアトップ カートを見る お支払い方法 お買い物ガイド プライバシーポリシー お問い合わせ 会社概要
良くない食習慣が気になっているあなたへ ダメージ肌、敏感肌などお肌でお悩みの方へ 健康生活の必需品!こだわりの品が集結です 店主のこだわり特選
亜麻仁油
  1. BEELUCK Yahoo!店 > 
  2. 健康・栄養補助食品  > 
  3. 亜麻仁油  > 
  4. フローラ社亜麻仁油230g 7本/クール冷蔵便代送料込 あまに油
BEELUCK Yahoo!店
  • 商品画像1
  • 商品画像2
  • 商品画像3

私どもでもこの4年間に約30,000本販売できましたことからも推測できますように最近になりやっと日本でも知られてきた感じの亜麻仁油ですが、海外では古くは寒冷地域のヨーロッパで西暦800年頃から亜麻仁油や亜麻の種が食べられていました。

その後、北米大陸へ渡り、製造元のフローラ社は1985年にカナダで亜麻仁油メーカーとして操業を始めましたが、フィネガン博士著の書籍『危険な油が病気を起こしてる』の中で、良質な食用油(亜麻仁油)の製造会社として推奨されています。

フローラ社製亜麻仁油は、世界で一番厳しいと言われるQAI(国際品質保証協会)認証の有機農法の亜麻の種を使い、温度35℃以下、光と空気(=酸素)を遮断し、無加圧で溶剤不使用の製油法で造られています。

種はカナダ伝統のブラウン種を使っていますので、豊かな風味ときれいな黄色が特徴です。

紫外線を遮断して安定した品質を保つために茶色のガラス瓶に入っています。

フローラ社製亜麻仁油の脂肪酸組成です。
オメガ-3の脂肪酸 57%、オメガ-6の脂肪酸 13%、オメガ-9の脂肪酸 21%、飽和脂肪酸 9%、コレステロール 0%

内容量:230g×7本

輸入発売元:株式会社うまいもの倶楽部

  • 5のつく日 アプリでポイント5倍

脂肪燃焼補助でダイエットに適したアマニ油の中のあまに油

フローラ社亜麻仁油230g 7本/クール冷蔵便代送料込 あまに油

JANコード/ISBNコード:4532493000282

亜麻仁油(フローラ社製)は中身の品質で勝負します


在庫品の賞味期限は「2017/03/07」です。

在庫品は冷蔵保存をしています。

出荷は受注確定の翌日発送(土曜、日曜、祭日を除く)を確約します。

送料について
送料は北海道、沖縄、離島地域を除き無料です。
北海道は216円、沖縄は756円となります。

【クール冷蔵便(+120円)について】
開封前の亜麻仁油を冷凍、冷蔵保存以外で冷暗所に保存する場合は、品質保持上10℃以下が条件です。

現在、品質保持の観点から亜麻仁油の出荷はすべてクール冷蔵便で出荷しています。
なお、クール冷蔵便代は商品代金に含まれています。

数量

カートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
シェアする

フローラ社亜麻仁油230g 7本/クール冷蔵便代送料込 あまに油

この商品のレビュー・口コミ

  • tef******さん
    2016年02月05日 16時08分
    購入しました!
    5.0

    真面目に食べ続けて1年になります。お陰…

    真面目に食べ続けて1年になります。お陰様で息子の脱ステロイド成功しております。脱ステのため本も沢山読みたど着いたのが体質改善、特に腸内環境を整える。その為1年間糖質制限、乳製品、肉は食べない、オメガ6も極力抑え頑張って来ました。まだ1年です半年位で肌はみちがいる程健康な肌になりました。ただ痒みは取れず睡眠時間も短く本人は辛かったようですが最近は痒みももなく睡眠も十分とれています。1年前脱ステを始めた時は1日1時間程しか寝れなかかったのが嘘の様ですね。本当にお金をかけ出来るこ事良いと言われる事はしてきましたが今思うにオネガ3だけは絶対やめられません。特にフローラ社のフラックスオイルが好きです。

  • mik******さん
    2014年06月16日 15時58分
    購入しました!
    5.0

    続けたい商品です

    毎朝、野菜ジュースに大さじ一杯程度を入れて飲んでいます。 息子はアトピーだったので、オメガ3が豊富な油を与えたいと思い、使い始めました。 亜麻仁油のおかげだけではないでしょうが、体調が良い状態が続いています。

  • han******さん
    2015年10月02日 13時30分
    購入しました!
    5.0

    毎回使ってます

    いつもここで購入しています。もう3年くらい使わせてもらってます。 私は良かったです。注文してすぐに届きます。安心して注文できます

この商品のレビューをもっと見る

商品説明

フローラ社製亜麻仁油は、1日大さじ1〜2杯で体に必要なオメガ−3他の必須不飽和脂肪酸を摂ることができる優れものです。


お得な「クール冷蔵便代/送料込セット販売品」のご案内

すべて込み込み、価格もお得!!

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)1本(2,410円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)2本セット(4,150円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)3本セット(5,895円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)4本セット(7,540円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)6本セット(10,410円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)10本セット(16,600円)」

「亜麻仁油(フローラ社製)230g(クール冷蔵便代/送料込)12本セット(19,800円)」

ご利用をお待ちしています。


「亜麻仁油(フローラ社製)」はこちらから




健康の基礎固めから健やかな毎日の生活、そして健康なるがゆえの良き人生を過ごせるように1ヶ月にフローラ社製亜麻仁油を2本、4,000円ほどの予算で挑戦してみてはいかがですか

★亜麻仁油、有効利用の3原則★
1 絶対に加熱しない
2 開栓後は必ず冷蔵保存する(当然ながら冷凍保存がより適切ですが、手間が掛かり実用的でありません)
3 開栓後、遅くても一ヶ月以内には食べきる(2週間以内が最良)


フローラ社製亜麻仁油の標準的な1日の目安量
[小さじ4分の1]〜[大さじ1〜2杯] (年齢、体調により適宜増減してください)

●亜麻仁油の使用方法
人により亜麻仁油だけをそのまま食しても美味しいという人もいれば食用油固有の風味がいやだという人がいるのも事実ですから、次の1)〜3)を参考にしていろいろと工夫をされることをお勧めします

1)きわめて良質の油なのでストレートも良し、冷製または人肌くらいの温度の料理にかけたりするのはかまいません

2)酢、醤油、レモン汁などと相性がよく、好みは人それぞれですが納豆、冷やっこに、にんにくやねぎなどを使った風味の強い料理によく合います

3)成分が変化してしまうので加熱する調理には絶対に使ってはなりませんので、一般的には塩、こしょう、砂糖、酢などとともにお好みの風味のドレッシングにしたり、ヨーグルトに混ぜる、冷ましたトーストに塗る等お好みの方法を

●亜麻仁油の保存方法
★開封前は冷凍保存が最良で次いで冷蔵保存、無理な場合は冷暗所(10℃以下)において下さい
★開封後はかならず冷蔵庫に保存してください(当然ながら冷凍保存がより適切ですが、手間が掛かり実用的でありません)
★開封後は冷蔵保存で2週間くらいを目安とするのが最良です(毎日大さじ1杯で約2週間でなくなります)が、遅くとも、4〜6週間以内にはお食べ下さい
★開封前は製造後8ヶ月が賞味期限ですが、冷凍保存すれば(油ですので凍ることはなく、壜が破損することはありません)1年間保存可能ですので、参考になさってください(冷凍から冷蔵にもどして開封後の扱いは同じです)


現代人の多くがオメガ−3(アルファ−リノレン酸)の不足状態にあると言われています

”ですから、オメガ−3を摂ることをお勧めします”

基本的に食用油はオメガ−3とオメガ−6に分類されますが、現代人はその成分のほとんどがオメガ−6からなる紅花油、大豆油などリノール酸ばかりを摂り、オメガ−3(アルファ−リノレン酸)はほとんど摂れていません
オメガ−6:オメガ−3の理想的な摂取割合は理論上2対1と考えられています
しかし、現実にはオメガ−6:オメガ−3=8対1になっていると言われています

理想的な摂取割合に戻すには、単純に計算した場合オメガ−3が今の4倍必要ということになります

今、オメガ−3を最も多く含んだ食用植物油として「亜麻仁油」が注目されています


店主のコメント
オメガ−6:オメガ−3の摂取比率の問題点に加えて、食用油の製造・加工方法に起因し、更にその食用油を用いて高温で処理・加工された加工食品によるトランス油の問題、そして食用油の原料に含まれる農薬の問題などを考えますと、多くの家庭で見られます欧米化された現代日本の食生活に於いては「亜麻仁油」の必要性といいますか重要性はますます増すばかりといった感が非常に強くするもであります

私どものフローラ社製「亜麻仁油」の取り扱い数量が確実に増えてきていますことからしまして、日本国内でも「亜麻仁油」に対する注目度が高まり、広く認知されてきていることを実感するのであります
が、しかしその一方で、 今のアメリカやヨーロッパでは、すし、豆腐、納豆などといった昔からの日本の食材、和食がヘルシーという意味合いから大きなブームとなっているという情報を見聞きするにつけ、戦後30年、40年、50年、60年とグローバル化といわれる世界共通の認識のもとにエスカレートする傾向にある現代日本人の食生活の欧米化と乱れに改めて危機感をつのらせるものであります


現代日本人である皆様はどのようにお考えになりますでしょうか?

亜麻仁油の摂取量について(改)

私どもが、亜麻仁油の販売を手掛けてから早や14年が過ぎ、その間にネット、メディアを通して「亜麻仁油」という言葉を知る人も多くなり、販売数量も右肩上がりで増えてきましたことは、自称「亜麻仁油の伝道師」としまして大変に喜ばしいことであります。

当然のことですが、亜麻仁油を取り扱う業者、ホームページの数と亜麻仁油のブランドの種類は増える一方で、これで良いのかと言いたくなる事柄も同様であります。

また、昨今、テレビの番組で亜麻仁油或いはオメガ-3が取り上げられることがありますが、説明を聞いていますと亜麻仁油の摂取量、取り扱い等についての内容に初めての人にとってそれで良いのかと心配になったり疑問を感じる点がたくさんあります。

ここでは、「亜麻仁油の摂取量」について、私どもが初めて亜麻仁油をお買い求めのお客様に差し上げています小冊子(「亜麻仁油」で健康を取り戻す【額賀敏江著/ヘルスビジネスマガジン社】)をもとにおさらいをしておきたく思います。

欧米の食生活の輸入(?)による食事内容の変化が、現代におけるがん、高齢者の認知症、アトピー、肥満、高血糖、高血圧などのいわゆる現代病が急増した原因の大本と言われていることは周知の事実と言えるかと思います。

その食事内容の変化の中で最も重要なのが油脂の摂取量急増と質の劣悪化です。

摂取量急増の中身は、リノール酸などのオメガ-6系脂肪酸であり、質の劣悪化の本質は、水素添加による不活性化や高温高圧での圧搾、溶媒を用いる手法等々よるオメガ-3がなくなった油の大量製造(大量販売)であり、消費者である国民の健康など微塵も考えることのない大企業主導、利権集団の利益優先による良くない(オメガ-3を含まない)食用油の氾濫であって、最近アメリカの食品医薬品局(FDA)が食品使用を全面的に禁止すると発表したトランス脂肪酸はその中でも主犯格的存在です。

ところで、最近、健康に関するメディア情報で、よく「必須脂肪酸オメガ-3が不足している」、「オメガ-3とオメガ-6のバランスが崩れている」などと見聞きしますが、「必須脂肪酸オメガ-3が不足している」、「オメガ-3とオメガ-6のバランスが崩れている」の意味するところを考えてみます。

基本的には、現代人の多くはオメガ-6がその大半を占めるコーン油、紅花油などの食用油を過剰に摂取しているために、それだけも健康に悪影響を受けていると言える状況です。

これに加えて現代人の好みに偏重する一方の食材、調理方法の変化(精白した穀類、砂糖と加熱の多用)によるオメガ-3の日常的な不足が、更なる健康状態悪化に拍車を掛けるといった状態を招いています。

先ず、必須不飽和脂肪酸のオメガ-3とオメガ-6は、ともに体内で合成されるプロスタグランジンという体内の各種組織の働きをコントロールするホルモンの原料である点で大変重要な必須の栄養素です。

「必須脂肪酸オメガ-3が不足している」と「オメガ-3とオメガ-6のバランスが崩れている」は、同じ意味合いですが、その結果が非常に重要なホルモン「プロスタグランジン」に直結していることにより問題視されるのであります。

オメガ-3から作られるプロスタグランジンとオメガ-6から作られるプロスタグランジンは、元が違うのですから結果として別のものであり、それぞれが持つ機能も異なるために、体内でのオメガ-3が不足してオメガ-6が過剰になるとオメガ-6系のプロスタグランジンも過剰となり、それらのバランスが崩れてプロスタグランジンの働きに狂いが生じて体調もおかしくなるという関係にあります。

プロスタグランジンのもつ体内の各種組織の働きをコントロールする機能の根本は、細胞分裂をはじめいろいろな細胞の活動にかかわることであり、従って、各種の炎症やけがの治癒から血液や血圧に関すること、そして免疫機能、内分泌ホルモンなどなど広範囲に亘る生命活動に関係する、即ち、命(いのち)の維持に大いにかかわっている重要性を有しています。

このことからオメガ-3の摂取が足らず、オメガ-3とオメガ-6のバランスが崩れた結果、オメガ-3系とオメガ-6系プロスタグランジンのバランスも崩れ、そのためプロスタグランジンの機能に狂いが生じることにより細胞活性に支障が生じ、さまざまな体調不良から数多の現代病に至るまで生命に関わる多くの影響が表れてくることになります。

必須不飽和脂肪酸オメガ-3の一日の必要量、適正な摂取量は、年齢、病状の有無、生活習慣(日常的な食事内容、運動量など)の違い等により各個体によって異なりますから、あくまでも平均的、標準的なことであって良いと考えます。

オメガ-3の摂取量について、通常は一日あたりの摂取基準或いは摂取目標量として絶対量でもって表記しますが、肝心なのは前出のオメガ-6とのバランスであり、両者の比率がポイントで比率でもって考え、比率をもって表すのが基本です。

次に、上記の絶対量と比率が混じりますが、オメガ-3の摂取基準についての変遷を記します。

オメガ-6:オメガ-3=4:1(1999年/第六次改定日本人の栄養所要量【厚生労働省】)

オメガ-6:オメガ-3=1.5〜2.3:1(1999年/ISSFAL(国際的な専門家会議))

オメガ-3 男性(18〜49歳):2.6g以上/日、女性(18〜49歳):2.2g以上/日(2005年/日本人の食事摂取基準【厚生労働省】)

オメガ-6:オメガ-3=2:1(日本脂質栄養学会)

上記の内容から言えることは、オメガ-3の摂取量に関してだけではなく、前出のトランス脂肪酸の日本国内での使用状況は野放し、トランス脂肪酸を含む食品の販売制限なしで表示の義務化もないままであり、各国の現状と比べるとその遅れたるやはなはだしいものであることからして、消費者たる国民の命をないがしろにした厚労省と食品業界との関係に疑問を抱かざるを得ません。

同様のことは、厚労省、医者、薬品業界の三者連合にも当てはまり、医療費の高騰分は結局は将来に亘って国民の負担となり、「医療費削減」は言い放題のまま掛け声倒れとなるのは必至ではないかと思います。

つまるところ、国民一人一人が自身の健康について自覚し、勉強して努力する以外にその改善の糸口を見つける方法はないのではないでしょうか。

話がそれましたが、実際面での対処方法は、先ずは、オメガ-3が欠落した精白食品の摂取を控える、オメガ-6が非常に多い食用油や食品の摂取を控えるなどの食生活の改善に取り組み、オメガ-3の豊富な亜麻仁油の摂取を日常の食生活に取り込むことです。

併せて重要なのは、トランス脂肪酸が多く入った食品、食用油を摂らないようにすることです。

因みに、トランス脂肪酸はショートニング、マーガリン、味付けポップコーン、コンパウンドクリームなどに多く含まれていて、その含有率は各商品によりかなりのバラツキがありますものの大量生産される既製(半製品も含めて)の食品やごく普通のパン、菓子類に当たり前のように使用されており、特に低年齢層の家族がいる家庭では日常の食生活を維持するうえでいろいろと難しい点があるとは思いますが、根本は体内での悪影響が問題である以上摂取しないことに徹するべきであります。

このことは、農薬についても同じことが言えますが、金銭、収入が絡むこととは言え自分(達)の生命は自分(達)で守るしか方法がない人間社会であるのが現実であります。

終わりに、このページにもありますが私が以前から亜麻仁油のページに書いてきました文章を記しますので、オメガ-3(亜麻仁油)の摂取量、毎日の食生活(油の摂取)について各人が考え直していただけることを願うばかりです。

現代人の多くがオメガ-6の摂りすぎによりオメガ-3(アルファ-リノレン酸)の不足状態にあると言われています。

”ですから、オメガ-3を摂ることをお勧めします”。

基本的に食用油はオメガ-3とオメガ-6に分類されますが、現代人はその成分のほとんどがオメガ-6からなる紅花油、大豆油などリノール酸ばかりを摂り、オメガ-3(アルファ-リノレン酸)はほとんど摂れていません。

オメガ-6:オメガ-3の理想的な摂取割合は理論上2対1と考えられています。

しかし、現実にはオメガ-6:オメガ-3=8対1になっていると言われています。

理想的な摂取割合に戻すには、単純に計算した場合オメガ-3が今の4倍必要ということになります。

今、オメガ-3を最も多く含んだ食用植物油として「亜麻仁油」が注目されています。

おすすめ商品

ストアインフォメーション
■お支払方法について   ■送料について
お支払い方法は、以下からお選びいただけます。

●クレジットカード決済
●モバイルSuica決済
●コンビニ決済
●ペイジー決済
●商品代引
●銀行振込(前払い)
●郵便振替(前払い)

>> 詳しくはこちら
  全国一律540円(税込)<但し、北海道は756円(税込)、沖縄は1,296円(税込)になります。>

※商品代金合計(税込)が10,000円以上の場合、送料無料にてお届けいたします。<但し、北海道は216円(税込)、沖縄は756円(税込)が別途請求になります。>

【送料無料商品】につきましては、北海道は216円(税込)、沖縄は756円(税込)が別途請求となります。

>> 詳しくはこちら
■返品等について   ■お届けについて
交換・返品をご希望される場合には、商品到着後7日以内に電話またはメールにて弊社までご連絡ください。
商品到着後8日以降の交換・返品には、応じかねる場合がありますのでご注意ください。 その他ご相談につきましては、下記お問合せ先までご連絡下さい。

>> 詳しくはこちら
  ヤマト運輸株式会社、佐川急便株式会社、福山通運株式会社、日本郵便株式会社にて商品配送を行っております。

ご入金(ご注文)確認後より最短で翌日〜3日後にて商品のお届けとなります。

>> 詳しくはこちら
■お問い合わせ   ■プライバシーポリシー
株式会社 ビーラック
TEL 075-644-0361
FAX 075-644-0362
Mail info@beeluck.co.jp
住所 〒612-8405
京都府京都市伏見区深草勧進橋町50-6
受付時間 9:00〜17:00
定休日 土曜日、日曜日及び祝祭日

>> 詳しくはこちら
  お客様の個人情報(住所・氏名・電話番号・メールアドレス・ご購入商品など)を法令の定めなどによる場合を除き、第三者に開示することは一切ございません。安心してご利用くださいませ。

>> 詳しくはこちら

Copyright (C) 2012 beeluck2007. All Rights Reserved.

閉じる

最大倍率もらうには?

+1倍
ストアポイント
+4倍
Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
開催期間:2016/9/30 23:59まで
今すぐ会員登録
+2倍
条件ありお支払い
Yahoo! JAPANカードご利用で毎日Tポイント3倍
開催期間:2017/3/31 23:59まで
詳細を見る
+4倍
条件あり
5のつく日キャンペーン
開催期間:2016/8/25 23:59まで
エントリーしてお買い物をすると+2倍。アプリでのお買い物でさらに+2倍。
エントリーページを見る
最大11倍のチャンス

  • お支払い
    記載の倍率分のポイントを獲得するためには、カートで記載のお支払い方法を選択する必要があります。
    またそれ以外にも諸条件が設定されている場合があります。
  • 注意事項:ポイントキャンペーンや特典内容には諸条件があります。
    当該ポイント倍率分のポイント数を獲得できない場合もありますので、ご注文する前に必ずキャンペーンページをご確認ください。
    キャンペーンの開催期間や特典内容および適用条件を、予告なく変更する場合や中止する場合があります。