当時売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していなかった靴職人マーク・ペイジェンによって1989年設立されたチャコサンダル社。Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなど現在のチャコサンダルの特長の多くは、設立当初から受け継がれているマークのポリシーでもあり、現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けています。フィット性、快適性、サポート性、性能、日常の生活からあらゆるレジャーシーンで愛されるサンダルをというマークのポリシーを受け継ぎ、環境を配慮して作られている「Chaco/チャコ」は流行に左右されずシンプルで機能的なフットウェアを追究し、トップメーカーとして成長を続けているブランドです。