アートの飾り方 
 〜壁掛けってどうやるの?〜

                                   

アートの飾り方・壁掛け方法についてのお問い合わせを頂くことがあります。
そこで、当店で壁掛けする際に注意している点、飾り方をまとめました。

「壁掛けってこうすれば、簡単にできるんだ♪」と思っていただけたらうれしいです。



1,壁側金具が付いているか調べる



壁掛けアートは、壁掛け用なのに、壁側の金具が付いていない場合も多いです。

壁によって必要な金具が異なりますし、すでに壁に金具が設置されていて
無駄になることが多いからです。

詳しくは、個々の作品説明文をご確認下さい。

別途、壁側金具を購入する場合は、抜いた跡があまり残らず、
耐荷重も7kgと強い「Jフック(石こうクギ)」をオススメしています。






2,壁を調べる



アートを飾る壁が、石こうボードなのか、板・コンクリートなのか調べます。
写真の部屋の壁は石こうボードです。
現在のおうちの壁はほとんどが石こうボードでできています。

コンクリートの場合は、くぎが刺さらないので、天井からつるして飾る方法が
一般的です。






3,壁に飾る


●通常タイプの場合



・通常タイプとは、写真のように、額縁の裏にひもを通して
 壁に掛けて飾る、絵画などで一番良くあるタイプです。



   
・壁に金具を取り付けます
Jフックを打ちつける場合、専用工具が売っていますが、もったいないので、10円玉で押して
入れてしまいます。(板の場合は、トンカチが必要です)




・額裏の金具にひもを通し、固結びをします。




・緩んで落ちたら困るので、さらに外側に2か所固結びをして補強します。




・壁に飾り付けて完了です!




●両面ガラスタイプの場合



・当店には、リーフアートプラントアートなど両面ガラスを使用した作品もあります。
この作品は、壁が透けて見えるため、ひもを使用できません。
そこで、フレームの裏側にティースハンガーというノコギリの歯のような
金具が付いています。

壁に細いくぎを打ちつけ、このギザギザに引っかけて飾ります。

細いクギは家になければ、100円ショップ、ホームセンターで販売しています。

Jフックの細いクギもあまり重くない作品であれば、使用できます。跡があまり残らず便利です。





・壁にクギを打ちつけます。
※写真は、跡が少しでも残らないよう細いクギを使用しているため、2本使用し補強してあります




・クギに金具を引っかけて完成です。




ちょっとした豆知識

Q.壁が、石こうボード・板なのに、クギが入らない!
A.裏側の鉄骨に当たっている可能性があります。場所をずらしてクギが入るかお試し下さい。


Q.アートを飾る高さはどのぐらいがよいの?
A.見る人の目線の高さに合わせるのが基本です。


Q.複数の作品を飾るときのコツは?
A.作品の上端をそろえて飾ると、スッキリした印象になります。







【配送について】
少しでも早くお届けできるよう心がけていますが、作家・職人さんによる注文後手作り制作作品が多数あります。お届け日の詳細は商品ページでご確認下さい。
誕生日御祝いなどお急ぎの場合はご相談下さい。

Copyright(c) 2005-2016. AYUWARA Co., Ltd. all rights reserved.