『絵』が、「風水」や「縁起物」で使われるのはなぜ?




 家を建てたときの悩み

こんにちは。あゆわらの榎本です。
2006年夏、マイホームを建てました。

この写真は住み始めたころのリビングの写真です。

長く使う物だからと、奮発して少し高価なソファーを購入し、
クッションやゴミ箱などの小物も一とおりそろえました。

「シンプルできれいだけど、何かもの足りないな〜。 (-.-)」
「でも、やたらと物を置いてゴチャゴチャするのもやだし…。 (+_+)」

などと悩んでいました。


部屋のことを気にしながら、しばらく住んでいるうちに、

「そうだ!壁に何か飾るのが良いのでは?
よく見ると、壁は何もなくて殺風景だし、ここならインテリア小物・
置物みたいに増やしてごちゃごちゃすることもないのでは?」

と、頭に浮かびました。


そこで、早速、リーフパネルを飾ってみることにしました。



 アートの力

飾ってみると、リビングの良いアクセントになっているようです。


朝起きると、毎日、壁のアートが目に入り、心なしか気分も良いです。

仕事や家庭のことでイライラしていても、ふと壁のアートに
目が止まり、「きれいだな〜」といやされることもありました。

遊びに来た友人も「この壁掛けいいな〜」と言ってくれます。


絵などのアートは風水や縁起物として利用されることがあります。
飾ってみてようやくその意味が理解できました。

「自分の良い気分が、良いことを引き寄せる。」ということだと・・・。

そういえば、アートを飾ってから、夫婦げんかが減ったような。。。 (^^ゞ

こうして、リビングの内装は、無事完成となりました。





【配送について】
少しでも早くお届けできるよう心がけていますが、作家・職人さんによる注文後手作り制作作品が多数あります。お届け日の詳細は商品ページでご確認下さい。
誕生日御祝いなどお急ぎの場合はご相談下さい。

Copyright(c) 2005-2016. AYUWARA Co., Ltd. all rights reserved.