有明海の環境と漁業 第1号

有明海の環境と漁業 第1号

 有明海漁民・市民ネットワークでは、諫早湾干拓問題や有明海の漁業問題などに関する科学的な論考を掲載する雑誌「有明海の環境と漁業」を創刊し、第1号を11月7日に発行しました。

¥500税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細  1997年4月の諫早湾の閉め切り以降、有明海では赤潮や貧酸素水塊が頻発するようになり、漁獲高は減少の一途をたどっています。2010年12月に福岡高裁は干拓事業と漁業被害の因果関係を認め、諫早湾の開門を命じましたが、国はそれを履行しないまま今日に至っています。有明海の再生策を審議している環境省の有明海・八代海等総合調査評価委員会は、2016年度中に2回目の報告書を公表する予定ですが、評価委員会でも諫早湾の開門に関する検討はほとんど行われていません。そこで私たちは、有明海の環境と漁業問題に関する専門家の研究成果や意見を、雑誌の形で発信していくことにしました。
 本誌を通して、国や評価委員会だけでなく、有明海沿岸の関係機関、そして有明海の再生を願う多くの人々に、諫早湾干拓問題に関する科学的な情報が広く伝わることを願っています。
 雑誌は年に数回のペースで発行していく予定で、第2号は2017年1月下旬の発行を予定しています。