金山寺味噌は、

  そのままおかずとして食べる味噌です!

 お味噌汁に使う味噌では、ありませんよ!

 元々は夏野菜を冬に食べるための保存食でした。

  あみ清 数見商店の金山寺味噌は

  国産の米・麦・大豆に徳島の白瓜・地元の湯浅茄子

  高知の土生姜・和歌山みなべ町の赤紫蘇を混ぜ合わせ

  醸造した金山寺味噌です。

 その歴史は、ふるく鎌倉時代に禅僧法燈国師が宋の国(中国)で、

 修行のかたわら金山寺味噌の製法を習得しました。

  帰国後、紀伊由良に西方寺(現興国寺)を建立。

  その間、金山寺味噌の製法を伝授したのが始原であると伝えら れています。

 

 実は、醤油の元祖が紀州湯浅の金山寺味噌から生まれたものです。

  昔の金山寺味噌は水分が多く、樽底に沈殿した液汁が調味料として

  適していることがわかり、工夫を加え発達したのが、たまりしょうゆ

 湯浅しょうゆの起源と言われています。

 

 あみ清の金山寺味噌は全て国産・地元の材料を使い、

 具材が大きく沢山入っていて保存料を使っていない

 生きた「金山寺味噌」です。